サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> スパムに気をつける

スパムに気をつける



スパムとは

スパムとは、不正に検索エンジンでの検索順位を上げようとすることです。ページの内容と関係のないキーワードを羅列したりするなど、明らかに検索エンジンに勘違いをさせるようなページがスパムとみなされます。

通報や、検索ロボットのチェックなどでスパムと認定されると、ページのランクが下がるのはもちろん、最悪の場合、ロボットにはじかれて検索されなくなってしまいます。

そう考えると、検索エンジン最適化もやりすぎるとスパムと認定されてしまう可能性もあります。このページで紹介しているテクニックを使う分にはそのようなことはないと思いますが、検索エンジン最適化は十分注意して行ってください。


スパムの例

隠しテキスト・隠しリンク
  人間の目には見えない、ロボットを対照としたテキストをページ内に埋め込むことです。以下のような例があります・
・背景と同じ色のテキスト
・人間には絶対見えないような極小のテキスト
・<META>タグの"keyword"に必要以上のキーワードを埋め込む
・<DIV>タグなどでテキストをページの外に配置する
・レイアウトなどで使用している画像のalt属性にキーワードを埋め込む

トップページを複数作る
  例えば、"JavaScript"で最適化したページ、"スタイルシート"で最適化したページ、"データベース"で最適化したページの3つのトップページを用意して、そこから全て同じページに転送することです。こうすることで、様々なキーワードに対応したページを作ることができます。
ドアウエイページと呼ばれます。

異なるドメインで同じサイトを運営する
  ミラーページと紙一重の行為ですが、複数のドメインを取得して、全く同じサイトを公開することはスパムとみなされます。

意味のない大量の相互リンク
  外部リンクが増えるとページランクが上がりますが、ページランクを上げるためだけに、複数のサイトで委託して相互リンクを貼りあうとスパムとみなされます。このように相互リンクを貼りあうグループは「リンクファーム」と呼ばれ、リンクファームにリンクを貼ることでスパム認定されることがあります。


 
 

アクセスアップの技に戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home