サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> JavaScript使用時の注意点

JavaScript使用時の注意点



JavaScriptは無視される

JavaScriptは、検索エンジンに無視されるのが普通ですので、JavaScriptで文章を出力している人は注意が必要です。

また、JavaScriptはどこにでも置くことができますが、検索エンジンが重視する<HEAD>タグや<BODY>タグの直後に置くのは避けたほうがいいでしょう。


JavaScriptの対策

JavaScriptは検索エンジンにとって無意味なデータであるので、キーワードの出現頻度を上げるためにも、できるだけ省略するような形をとった方がいいでしょう。

外部ファイルを用いる
  JavaScriptはHTMLファイル内に直接記述する方法以外に外部にJavaScriptを記述したファイルを置き、<SCRIPT>タグ内で「src」オプションを用いてURLを読み込み実行することができます。
指定したファイル内には、HTMLに記述したものから前後の<SCRIPT>タグを省略して記述し、拡張子は「.js」にします。

・読み込み例
<SCRIPT src="sample.js"></SCRIPT>

参考:外部ファイル読み込み

こうすることで、ページの無駄を省くことができ、キーワードの出現頻度を上げることができます。

<NOSCRIPT>タグ
  例えば、サンプルのように、JavaScriptを用いてリンクを表現している場合や、自動的に別のページ移動するなどという場合は、検索エンジンがそのリンクを検出できないため非常にマイナスの要素になります。

そこで、JavaScriptを許可していない・対応していないブラウザで表示するための<NOSCRIPT>タグをの中にリンクを書きます。

こうすることで、検索エンジンがリンク先を確認することが可能になります。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:スパムに気をつける




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home