サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> リンクの貼り方と貼られ方

リンクの貼り方と貼られ方



アンカーテキストの重要性

アンカーテキストとは、リンクを貼っているテキストのことで、検索エンジンに重視される項目の1つです。
アンカーテキストは、リンク先ページのタイトルを表示するのが普通ですが、

「ウェブデザインについて詳しく知りたい方はココをクリック」
こちらのページウェブデザインについて解説してあります」

のように使用しがちです。
これでは、検索エンジンに重要視される言葉が、「ココ」や「こちら」になってしまい、ほとんど意味をなしません。
このような文章からリンクを貼る場合は、文章全部にリンクを貼ったり、

「ウェブデザインについてはウェブデザインのページで解説してあります」

というようなリンクの貼り方を心がけましょう。
また、サイト内で「戻る」「次へ」などのアンカーテキストがよく使われますが、せっかくですので「デザインのページに戻る」「スタイルシートのページに進む」などのように、リンク内にキーワードを入れましょう。

アンカーテキストの重要性は、内部リンク、外部リンクともに変わりません。内部リンクの際は十分気をつけてください。


画像にリンクを貼る場合

画像にリンクを貼る場合はアンカーテキストがありませんが、<A>タグのtitle属性と<IMG>タグのalt属性を用いて対応することができます。
title属性は、リンクのタイトルを指定するもので、alt属性は画像を文章で説明するためのものです。

記述例
<A href="#.html" title="ウェブデザイン">
  <IMG src="#.gif" alt="ウェブデザイン">
</A>

実行例
ウェブデザイン

title属性・alt属性は共に画像の上にマウスを持っていくことで、キーワードを表示させることが可能です。
ただし、別々のキーワードを書いた場合はalt属性が優先されます。


リンクの貼られ方

アンカーテキストや、画像リンクのtitle属性・alt属性は、リンクを貼る場合は自分で指定すれば良いので簡単ですが、貼られる場合は上手くいくとは限りません。

対策として、リンクを貼る際の注意点を記述したり、あらかじめalt属性を書いておいたHTMLを用意して、コピー&貼り付けをお願いするようにするといいでしょう。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:ページタイトルの重要性




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home