サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> <META>タグの活用

<META>タグの活用



<META>タグで指定できる内容

<META>タグは、ページの情報をブラウザや検索エンジンに渡すもので、<HEAD>タグの中に書きます。

検索エンジンに関係する<META>タグには以下のようなものがあります。

データの種類 記述例
キーワード <META name="keywords" content="Word1,Word,Word3">
ページの概要 <META name="description" content="ページの概要">
検索ロボット制御 <META name="ROBOTS" content="NOINDEX,NOFOLLOW">


キーワード

"keywords"は、そのページ内容に関係するキーワードを指定するもので、カンマ「,」で区切って複数指定することができます。

記述例
<META name="keywords" content="JavaScript,スタイルシート,デザイン">

キーワードは、ページに無関係なものを使用してはいけません。また、キーワードは10個以内に収めないと、ページランクを下げる原因になります。


ページの概要

"description"は、どのようなページが説明するもので、その内容がInfoseekなど一部の検索エンジンで表示されます。

記述例
<META name="description" content="スタイルシート解説のページ">

文章は長すぎてもいけませんので50字くらいに抑えましょう。
今では"description"を表示する検索エンジンはほとんどありませんので、面倒なら書く必要はありません。


検索ロボット制御

検索ロボットへの指示を書きます。
"INDEX"は検索を許可し、"NOINDEX"は検索を禁止します。また、"FOLLOW"はリンク先をたどることを許可し、"NOFOLLOW"はリンク先参照を禁止します。

記述例(検索されないようにする)
<META name="ROBOTS" content="NOINDEX,NOFOLLOW">

このタグを記述することで、ロボットの検索対象から外すことができます。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:スタイルシートの活用




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home