サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> 理想的なキーワードの出現頻度

理想的なキーワードの出現頻度



キーワードは多すぎず少なすぎず

ページ内のキーワードは多いほどいいですが、あまりにも多すぎると検索エンジンにスパム認定されてしまいます。同一キーワードの出現率が10%を超えるぐらいから注意が必要ですが、普通に文章を書いているうちはそういうことはありえないので特に気にする必要はありません。

キーワードの出現率(%)は、
( キーワード / 単語の総数 ) * 100
で求めることができます。

キーワードの出現率は、単純な文字数ではなく、単語の数で判断します。
例えば、

スタイルシートとはレイアウトを専門に行う言語です」

という文章は、

スタイルシート/とは/レイアウト/を/専門/に/行う/言語/です」

という単語に分解され、スタイルシートという単語のの出現率は9分の1なります。

下の文章の例での「スタイルシート」の出現率は6%程度になっています。多めに書いてもこの程度の出現率にしかなりませんので、キーワードは意思して多用するようにしましょう。

「スタイルシート」の出現率は6%
スタイルシートとはウェブページのレイアウトを専門に行う言語です。スタイルシートで指定できるものとして、フォントや背景画像、余白、マウスカーソルなどがあり、スタイルシートファイルを変えただけサイト内の全てのページに適用することができるので、大規模なウェブ作成には欠かせないものになっています。
1つのスタイルシートはサイトの全てのページに適用することができます。また、複数のスタイルシートファイルを用意することで、サイト内のデザインをコンテンツによって使い分けることが可能です。

理想的なキーワードの出現率は5%〜10%だと考えられます。多すぎてスパム認定されてしまっては意味がないので、通常は5%を超えなくらいを考えましょう。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:<META>タグの活用




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home