サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> キーワードの配置・タグなど

キーワードの配置・タグなど



キーワードの配置

キーワードの数や間隔だけでなく、配置する場所も重要です。基本的にHTMLソースの上部が重要視され下部になるにしたがって重要度が下がっていきます。

しかし、ウェブをデザインするのにいちいちキーワードの出現場所まで考えるのは面倒です。キーワードの配置は、トップページだけ最適化するだけで十分でしょう。


直後にキーワードを置くべきタグ

<BODY>タグ
  文章の始まりということで、<BODY>タグの直後が重要視されます。
<BODY>タグ直後にJavaScriptなどを置いている場合は、可能ならば他の場所に移したほうがいいでしょう。

<TD>タグ
  <TABLE>タグのセルの開始タグである<TD>タグの直後も重要になります。
表の中はそれぞれ独立した文章として扱われます。

<P>タグ
  段落を意味する<P>タグの直後も重要です。
一行あけたりする場合などにはよく<BR>タグが用いられますが、せっかくですので<P>タグを用いましょう。


リスト・強調を使う

<OL>,<UL>タグ
  番号なしリスト・番号付きリストを意味する<OL>,<UL>タグ内のキーワードは重要視されます。
ページの要点は箇条書きするようにしましょう。

論理強調タグ
  論理強調を意味する<EM>タグ、<STRONG>タグなどの中のキーワードも重要です。
しかし、これらのタグは使いすぎると逆効果になります。


<H>タグの活用

見出しには重要なことが書かれていることが多いため、<H1>〜<H6>タグは重要視されます。
このタグは普通、<H1> → <H2> → <H3>という順序で並んでいるので、<H2>の中に<H1>があると、矛盾であるとみなされてランクが下がります。

また、各ページの<H1>タグは1つにしておきましょう。複数あるとスパム行為であるとランクが下がる可能性があるからです。<H2>以下は複数あってもかまいません。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:キーワードの出現頻度




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home