サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> アクセスアップの技 >> ユーザーの環境を知る

ユーザーの環境を知る



環境を知ることの重要性

アクセス解析を利用するとユーザーのブラウザや言語などのユーザーの環境を知ることができます。
自分と全く同じ環境を使用しているユーザーなら、自分と同じサイトを見ているはずですが、違う環境を使用していたなら、少なからずデザインなどに影響するはずです。

自分と違う環境のユーザーのために対策するということは、ページのユーザビリティ(使いやすさ)を高めることにもつながりますので、しっかりチェックしましょう。


ユーザーの環境からサイトを改善する

ブラウザ情報
  ブラウザによって、多少文字の大きさなどのレイアウトに違いがでます。Internet Explorer5.0以上のブラウザを利用しているユーザーが圧倒的に多いですが、MozillaやOpera、Netscapeなどのブラウザを使用しているユーザーもいます。
各ブラウザをインストールして、どのブラウザで見てもできるだけ同じようになるように工夫しましょう。

OS情報
  Windows、Mac、Linuxなど、ユーザーが使用しているOSは様々です。ブラウザと違って、各OSでチェックするのは難しいですが、それぞれの機種依存文字などは使わないようにしてください。

解像度情報
  例えば、自分のモニタの解像度が1024×768だった場合、1024×768に最適化されるようにサイトをつくりがちです。一度、自分のモニタの解像度を800×600にあわせてみて、問題なく見ることができるかを確かめてください。

言語情報
  ユーザーは日本からのみアクセスしてくるとは限りません。あまりにも英語圏からのアクセスが多い場合、英語のページを設置してみるのもいいかもしれません。

ホスト(IPアドレス情報)
  ユーザーが接続しているプロバイダなどの組織を知ることができます。例えば、これを気にせず一部のホストのアクセスを制限してしまうと、多くの人に影響がでるかもしれませんので注意しましょう。


 
 

アクセスアップの技に戻る Next:リンク元と検索エンジン対策




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Access Up and SEO. All rights reserved. - Home